花粉症って、いつが一番多いか、ご存知でしょうか? 花粉症は、1月〜5月頃までが一番多いのです。 花粉症の要因となっている花粉には、色んなものがありますよね。 スギ、ヒノキ、ハンノキなど・・・。 これらの花粉は、1月〜5月頃までが飛散時期になっています。 ですので、この時期が、一番花粉症が多いものです。 その他ですが、イネは一年中が飛散時期となっています。 また、ブタクサやヨモギ、カナムグラなどの飛散時期は、8月〜11月頃とされているのです。 当然、地域によっても飛散時期が異なりますし、これらの植物があまりない地域もあります。 例えば、北海道や沖縄にはスギがあまりないため、スギによる花粉症の方がほとんどいません。 花粉症の方は、どの植物の花粉が原因で花粉症を引き起こしているのか、自分で分かっていると思います。 それが分かっていれば、飛散時期を考えて早めに対策ができるため、その年の花粉症を軽くすることができます。 もし、原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の植物が何か分からない場合は、病院で一度調べてもらうといいでしょうー