2014年7月アーカイブ

ユーザーがあってこそのの企業ですのでその上でのゴールは考えておくべきです。
 そしてこれが重要なのですが、なぜWEBサイトなのかという点です。ただの広告であればWEBだけで無くてもよいのです。WEBでホームページに入るということは先に検索やアドレス入力をしているため、少なくとも利用しようという気がユーザーにはあるのです。街中で見る看板のような宣伝とは土俵が違います。ホームページを見ている時点で相手は既にユーザーだということを考えた上で見やすくまとまったホームページ制作をしてください。また、WEBだからこそ出来る事もあるかと思います。企業方針に合わせてじっくり考えて下さい。
 そしてターゲットユーザーです。上記してありますが、ユーザーが求めているホームページを制作するということは、利用層がわかっているならばそれに合わせた対応をすることでより興味関心を得られるはずです。その上でわかりやすいデザインに工夫を凝らしてホームページの企画を練っていくのです。他サイトなどを参考にスクリーンショットなどを撮ってホームページ制作企業に相談するとイメージが伝わりやすいかと思います。
 上記はあくまで一例であり、皆様も紙とペンだけで良いので箇条書きでも何でもやりたいこと、できることを書いていきましょう。
表参道の美容室

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31